土壌汚染調査をしっかりしよう|プロに任せると安心できる

進化する技術

温泉

温泉開発が可能な地域の増加

最近では石油掘削技術の応用などにより、温泉開発技術も飛躍的に進歩しています。数十年前には温泉開発を諦めなければならなかった地域でも、現在なら可能と言うこともあります。温泉開発に絶対に必要なのは地下水です。これがない場合だけはもうどうしようも無いのは事実です。しかし地下水さえあれば、温泉開発の可能性は十分にあるのです。日本の温泉の定義の一つは水温が25度以上あることです。これは地理的な条件が大きく関わります。ですが規定物質が基準以上含有されていれば日本では温泉と定義されていて、地下水があればこういった水が湧き出る可能性は十分にあるのです。

開発後の戦略が重視される時代

温泉開発には調査費用だけでも300万程度は掛かります。もし十分な可能性があり、掘削を行うとなると掘削深度や地盤の状態により違いがありますが、5000万程度の費用は必要になります。そうして温泉が出た場合には、ポンプの維持管理費なども年々必要になることになるのです。温泉開発は非常に魅力的なものですが、調査から運営維持まで掛かる費用は決して安いものではありません。一部の天然温泉のように自然に湧き出たものを利用するので無ければ、相応のコストを覚悟しなくてはならないのです。ですが温泉という響きがもたらす効果は確実にあり、戦略的に用いた時の効果は絶大です。現在では多くの場所で温泉開発が可能になったこともあり、開発後の戦略が重視される時代になっていると言えます。