土壌汚染調査をしっかりしよう|プロに任せると安心できる

計画をたてよう

温泉施設

遊休地の有効活用として

温泉開発をすれば、それが一転して、大きな利益を生み出す存在となります。温泉開発は、まずは温泉源があるかどうかを調査し、存在していた場合には掘削工事をします。そして出てきた温泉を、人々にとって利用しやすい状態に整え、さらにそれを囲む建物部分を建設することが必要になります。そのため初期費用は、多くかかることになります。どのくらいの規模の温泉施設を作るかにもよるのですが、一般的には1億円ほどの初期費用が必要になると言われています。そのため温泉開発は、個人ではなく法人によっておこなわれることが多いです。

シミュレーションをすることが大事

温泉開発には、初期費用が多くかかりますが、その温泉施設の人気が高まれば、それ以上の収益が期待できるようになります。一般的には、温泉開発における初期費用の回収年数は、3〜4年と言われています。つまり3〜4年経過すれば、利益が出てくるようになるのです。もちろん施設の維持費や運営のための人件費なども必要になってくるので、そういったものを含めて事前にしっかりシミュレーションをおこなっておくことが大事です。逆に言えば、そのシミュレーションで良い結果が出た場合にのみ、温泉開発は意味のあるものとなるわけです。しかし遊休地の状態で放置していても、固定資産税の支払いによってお金が出て行くだけです。そのため、利益がそれほど多く出なくても、運営によりマイナスにさえならなければ、温泉開発にはメリットがあると言えます。